我らRomaRo応援ショップ
 
  水戸市にある桜の牧スポーツセンター内にある「クラブ工房キナセ」。
オーナーの木名瀬和重(きなせ・かずしげ)さんはトップアマではありますが、 お客様の「上手くなりたい」という気持ちに応えることをモットーに接客されているそうです。

木名瀬さんが、現在のゴルフ練習場のすぐ横にショップをオープンしたのは2年半ほど前。それ以前は水戸駅近くで1998年6月からお店をもたれていたそうです。18歳まで野球に没頭し、その後研修生を6年経験されて、現在はトップアマチュアとして、競技にも出場されています。また、ご自身でオリジナルのウェッジやアイアンを作られる職人でもあります。こちらのお店の特徴はどんなところでしょう?

 「ここはゴルフクラブの病院みたいなところですよ。悩んでいる人が多いので、そういう人たちにどうしたら良くなるのかを指南するところです。だから、完全予約制なんです。スイングを見て、お話を聞いて、1時間以上かけてカウンセリングします。パッと来て、買えないお店です(笑) 僕はそうじゃないとやる意味がないと思っているんですよ。悩んでいるから何とかしたいという人。高いお金を出すわけですから、より100%に近い形で満足していただきたいんですよ」じっくり時間をかけてカウンセリング。何よりもそれを大切にしているから、完全予約制なのですね。

木名瀬さんとRomaRoの出会いは意外なきっかけだったと伺いました。

「そうなんです。6~7年前だと思うんですけど、近くでプロの試合があって、うちのお店にウェッジのヘッドを削って欲しいという依頼で、スタッフの方が見えたんですよ。試合に出場していたプロからの要望があって、その時、たまたまツアーのサポートカーが来ていなかったんですね。それが最初の出会いでした。その時の印象ですか?変わった形をしてるなあ・・・と思いました。トゥ側が返らないように削れていたのが面白いと思って、すごく特徴的だと感じました。それと、香り付きのグリップ。フレグランスグリップが印象的でした。RomRoさんとのお付き合いはドライバーからです。それからの印象は「大人のゴルフクラブ」。「価格は高いけど、性能がしっかりしていて、デザインも派手じゃないし、カッコいい」と思いました。僕自身が最初に打ったのは435のドライバーでした。僕が使っているとみなさん、使いたがるんですけど、ちょっとハードだったので、使えない方も多くて。その後Type-Rが出てきて、これはやさしいので、多くのお客様の心をつかんだという感じです」本当に偶然の出会いから、RomaRoを知っていただけたんですね。

こちらのお店ではお客様からどんな評価をいただいているのでしょう?

「ゴルファー1人1人に合ったものを薦めるのが僕の仕事。いろいろなパーツメーカーの中から、RomaRoが合いそうな方に薦めると、たいていドンピシャなんです。練習場に試打クラブを何本か持って行って、打ってもらってから、カスタムすると、みんないいボールを打って、いいスコアを出してきますよ。一番売れているのはUTですが、ドライバーの人気も高いですよ。Type-Rの455は、簡単に打てるし、ドローボールが出やすい。その魅力にハマって、キャディバッグまで全部RomaRoで揃えたお客様もいらっしゃいます。とにかく、いい結果が出るので、みなさん喜んでいただいてます」と話してくれました。

木名瀬さんはどんなことをモットーとされているでしょう?

 「ゴルファーはレベルに関係なく、常に上を目指していると思うんです。僕はそれをサポートしてあげたい。そして、クラブを替えることでゴルフが劇的に変わるということを知って欲しい。だから、時間はかかるけど、最適なクラブチョイスをしてあげたいんですよ。RomaRoを使っているお客様からも「本当に薦めてもらって良かった」という声をいただいていますし、「ゴルフが良くなった」と言われるのが何よりも嬉しいんです。何かに悩んでいるのなら、まずカウンセリングにいらしてください」と話してくれました。せっかくお金をかけるのなら、いい結果に結び付けたい…そんなお客様の思いを理解されているから、親身になっていただけるるのですね。

クラブ工房キナセ
茨城県水戸市小吹町2062-3
桜の牧スポーツセンター内
☎029-241-8755
http://knsgolf.com
営業時間 10:00~19:00 日曜休
Page Top
Copyright © 2014 RomaRo.All Rights Reserved.